FC2ブログ

シングルハンドスカジット釣行 

シングルハンドスカジット釣行

雨後でコンディション抜群の中流河川に釣行へ行ってきました。

水量、水の色、水温共に抜群で期待大で釣りを始めます。

タックルはシングルハンド7番にコマンドヘッド250grに大きなフライを結びました。

序盤、大きな魚が付いていそうな流れをしつこく流すも反応は薄く、シンクティップやフライを変えながら釣り下ります。

流れが速く水深があり岩がゴロゴロ入っているポイントに差し掛かり、ティペットをチェックしキャスティング開始です。

なるべくフライをゆっくり流すことを意識しながらマメにメンディングをし、流れの頭から丁寧に探っていきました。

フライが大きな岩の影に入った所でリールがものすごい勢いで逆転し始めました。

魚がしっかりフライを咥えたのを確認し、ロッドを岸側に倒しフッキングです。

フッキング直後の3回のジャンプをなんとかいなし、焦らずファイトしました。

近くまで寄せるもあちこち走られ、何度も何度もラインを引き出されましたが、岩に潜られないように立ち位置を変えながら慎重にやり取りをします。

魚が疲れた所で一気にランディングしました。

ようやくネットに収まった魚はヒレ、体高、長さ共に最高で丸々太ってる綺麗な虹鱒でした。

去年から全てバーブレスフックを使っているので、ラインテンションを絶対に緩めないことを意識しています。

バーブレスはカエシがないので刺さるときに抵抗が少なくしっかりフッキングすることがわかってきました。

その後も同じようなシチュエーションの流れでパワフルな虹鱒をキャッチすることができました。

今回はタイミングがとても良くこんなにも反応が良かったのは初めてでした。

秋の本格シーズンはもう目の前です。

万全の準備を整えて皆様も釣りを楽しんでください。

IMG_E4803.jpg
IMG_E4847.jpg
IMG_4897.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する