FC2ブログ

3月の支笏湖 

DOLLY VARDENのSTAFFです。

3月はプラス気温の日もあり、川や湖も良いコンディションになってきました。

先日は久しぶりに支笏湖へ行きました。

以前から試してみたいセッティングがあり、それのテストも含めての釣行です。

使用したロッドはCaptured para no2 13' #7/8
このロッドは扱えるグレインの幅が広く、スカンジラインの場合400gr-540gr程度まで扱う事が出来ます。

また、ティップが太いためシンキングラインを抜きやすくオススメのロッドです。

ラインはRio Scandi Versitip #8(floating + 15gt type3)、それにポリリーダー(10ft クリアインター)を接続した設定です。

Scandi Versitipの利点は悪天候時でも飛距離と抜群のターンオーバー性能を持ち、
上記の設定の場合は水面直下に良い具合にフローティング部分が沈むため、波の影響も受けにくい状態になります。

遠浅で2段の駈け上がりがある地形は水面直下をスローリトリーブすると、魚の反応が良かったです。

その日のコンセプトや自分なりの拘りを持って釣りに挑むと、面白い結果が得られるかもしれません。

皆様も是非シーズンを通してフライフィッシングをお楽しみ下さい。

IMG_3878.jpg

rod : Captured para no2 13' #7/8
line : Rio Scandi Versitip #8(floating + type3)
poly leader : salmologic 18g clear inter
tippet : maxima 10lb 30cm
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する