チューブフライ 

チューブフライ

ダーティーホォーを容易にタイイングするため、チューブで巻いてみました。

チューブのみのフライと、コーンヘッドを取り付けたバージョンと2種、サイズも大と小と、作成しました。

実釣での特徴は、通常のダーティーホォーと比べて、軽く作成出来るため、少し浅い棚をトレースすることが出来ます。

そして、更に深く沈めたい場合は、コーンヘッドを取り付けたバージョンを使うと効果的です。

また、通常のダーティーホォーも活用すれば、細かく水深、棚を探ることが出来ます。

今回使用のチューブは、【Sweet Fish】Plastic S-Tube 同メーカのS-Tube cone head が丁度良く組み合わせることが可能です。

フック取り付け部分には、【ProSportFisher】hook guide Lサイズを取り付けます。

そしてコーンヘッドを装着して、チューブの先端をライター等で、熱処理すれば素晴らしいヘッドが作れます。

クローズアップ写真を掲載していますので 、参照して下さい。

スイミング動画もあります → 


チューブの詳細は→ http://www.dorllyvarden.com/product/5613
コーンヘッドの詳細は→ http://www.dorllyvarden.com/product/5614
フックガイドの詳細は → http://www.dorllyvarden.com/product/4501


R1001824.jpg
R1001823.jpg
R1001825.jpg
R1001827.jpg
R1001826.jpg
R1001818.jpg
R1001817.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する