厳冬期の本流アメマス 

本格的なシーズンが近づいています。
厳寒期この時期は、なかなか釣果に繋がらず苦労する時期ですが、天候に恵まれれば良い釣り出来ます。
遡上のアメマスを狙った本流は、にわかに活気づいています。
近年では、大型アメマスはイントゥルーダーで良い釣果の報告を受けています。
当日は、気温も高く風も弱かったため、ストーンフライのハッチも見られ大型アメマスが捕食している様子でした。
そのため、システムを出来るだけ軽いものに変更してアメマスが好む流れの中にフライを届けると、大きなアタリがありました。
この季節の遡上型アメマスは力強くパワフルなファイトを見せてくれます。
厳寒期の釣り、状況は厳しく簡単にはヒットには繋がらず苦労します。
しかし、コンディション抜群のアメマスに出会える貴重なシーズンです。
来月からは、サケ稚魚も増え、サイズ数共に狙える最高の時期になります。
銀世界での本流フィッシングは、暖かい季節とまた違った魅力があります。
皆様も是非シーズンを通してフライフィッシングをお楽しみ下さい。

http://www.dorllyvarden.com/

厳冬アメマス本流
スポンサーサイト

2014年アルゼンチン遠征 

2014年度、アルゼンチン遠征に行ってきました。

今シーズンのアルゼンチン、フェゴ島リオグランデでの釣行は運よく10kgオーバーのシートラウトをゲットする事が出来ました。
水も渇水しており、クリアウォーターのシビアなコンディションで、小さいフライがメインの釣りとなりました。

魚はたくさんいるのですが、なかなか口を使ってくれず、難しい状況です。

どんな状況でも対応できるフライとラインを用意するのは大切だと改めて実感しました。

状況は変化するものです。

その時のパターンを考えながら釣りをするのも、楽しみの1つですね。

食事は、地元現地料理アサード(炭火焼肉)と赤ワインを堪能しました。

ブエノスアイレスでは、マラドーナ婦人と遭遇。

来年もまた頑張ります。
14022302
14022304
14022303
14022301

2013デシューツ遠征 

今年のデシューツは水量、天候とも申し分のないコンディションでした
毎年行っている甲斐がありました
参加者全員が複数のスチールヘッドをキャッチ
昨年同様、松茸も健在です
炊飯ジャーをホテルに持ち込み、松茸ごはんを炊き充実した食生活でした
ちなみに画像の松茸は14ドルです

13100901
13100902
13100903
13100904

夏はイワナ釣り 

昨日、ゲストの方と一緒に上流のイワナ釣りに行ってきました
下界はたいそう暑いようでしたが、源流釣行はとても涼しかったです
大き目のフライに良い体型のイワナが来てくれました
毎年思うのですが、やっぱり夏はイワナですね

13081901
13081902
13081903


1週間のガイド遠征 

道央圏から道北圏と、1週間のガイド釣行遠征に行ってきました
イトウ、ニジマス、アメマスと、コンディションの良い魚がたくさん釣れ、お客さんも大満足です
6月ということもあり、状況はすこぶる良かったです

13062901
13062902
13062903
13062904