【6月の本流釣行】 

6月に入り、北海道全域で良型が釣れ始めました。
スカジットシステムでスイングの釣りを楽しんできました。
タックルはビューラープラチナムスペイ 13'8" #8、opst command head 450gr、レーザーラインです。
フライはイントルーダー、フックはopstスイングフックです。

朝7時、気温の上がり始めにフライが流芯に入った所でリールがジジッと鳴りました。
流れの重いでヒットしたアメマスは力強くなかなか寄ってきません。
なんとかキャッチ出来たアメマスは丸々と太っていて、コンディション抜群でした!

大物が期待できる、最盛期の6月。
暖かくなり、釣りもしやすくなってきました。
皆様も是非フィールドに足を運び、フライフィッシングをお楽しみ下さい。

IMG_2441.jpg
IMG_2460.jpg
スポンサーサイト

5月の支笏湖 

DollyvardenのSTAFFです。

先日、支笏湖へ釣行に行きました。

この日は右斜め前からの強風で、波は絶好の状態。

使用したフライは良くある代表的なパターンのウーリーバーガーです。
非常に優秀なフライで、とにかく何でも釣れる不思議なフライです。

ウグイの猛攻を受けながらも、その中にニジマスも混じっていて、数本釣れました。

今回はランニングラインをモノフィラにしてみました。

湖の場合、モノフィラのメリットはとにかく飛ぶという事、
もう一つは水に馴染みやすくリトリーブ時のタナをより正確に引っ張る事ができ、フローティングにシンクティップを使用したヘッドの場合はフローティングボディが持つ浮力を抑えてくれる事によって、波の影響を受けづらくに水面直下に漂わせる事が出来ます。

しかし、いくつかのデメリットもあり、水中に沈みやすく、シュート時の抵抗が大きく距離が飛ばないという現象が起る...等。

こうした場合は、ラインバスケット、もしくはフローティング仕様のモノフィラを使用すると、ストレスなく釣りが成立します。

止水域での引っ張りの釣りは、波の影響が大きく、その状況下で、よりフレキシブルにフライを泳がすと効果的だと感じています。

日々の釣行に少しパターンを変えていくと、新しい発見があるかもしれません。

皆様も是非シーズンを通してフライフィッシングをお楽しみ下さい。

■タックルデータ
rod : Captured para no2 13' #7/8
fly line : Rio Scandi Versitip #8(floating + type3)
running line : ナイロン8号
poly leader : salmologic 18g 8.5ft clear inter
tippet : Trout hunter フロロ 0x 30cm

■フライ
hook : S11-2L #8
Hackle : Coot Natural
body : Flash Scale Olive + UV ポーラーシェニール Olive Brown
tail : Eagle Marabou Golden Olive + Lateral Scale Sサイズ

IMG_4627.jpg

IMG_4647.jpg


3月の支笏湖 

続きを読む

Rhea Featherが入荷です。 

続きを読む

ドリーバーデンオリジナル(2017) 実績フライ3本セット (ケース付き) 

 2017年度の釣行で実績のある3本をセットで販売させて頂きます。
主に本流での釣果実績ですが、スカルピンパターンは、
中上流でのシングルハンドスカジットでも良い成績でした。
チューブフライも水深のあまり無い、流れの緩いポイントで活躍しました。

 フライのカラーも各色の中から厳選したカラーリングのフライです。
 
 また、Tipとリーダーの接続で、Tipを傷めないように接続部をダブルラインにした
リーダーも1本付属致します。

 その他OPSTフック2本が付属致します。(スカルピンパターンのフライには、フックがセットされています。)

 今季、ベスト3の本流フライです。店主製作のため、数に限りがございます。ご了承下さい。

http://www.dorllyvarden.com/product/6629

DSC01448.jpgDSC01452.jpg
DSC01450.jpgDSC01449.jpg